大阪市の粗大ごみとリサイクル活動強化

大阪市在住だが、身の回りを見渡すと、ゴミのリサイクルが一般的になっているものがいくつもある。
牛乳パック、ビン、カン、食品トレーやペットボトル本体にキャップなどスーパーの入り口にはリサイクルボックスが設置され、回収されやすくなっていると思う。

捨てればただのゴミでも心がけひとつで資源に生まれ変わるのだから、一人ひとりが気を付けて、もっと活動を強化するといいと個人的には思うのである。

最近知ったリサイクル活動でこれはいいぞと思ったもの、それはワコールさんがされている不要になったブラジャーを回収するという活動である。
ブラがRPFという産業用固形燃料になるのだそうだ。

この燃料は焼却効率が良く、石炭に比べ二酸化炭素の排出量が約30%も少ない環境にやさしい再生資源である。

これは出すしかないと思い、大阪市の回収店に確認したところ、回収用の専用封筒を出してくれた。
その袋に入れて回収期間にもっていくと、切手と交換してくれるシステムだ。

捨てるのに困る下着を回収してもらえるだけでもありがたいと思うが、おまけまでくれるというのでなんだか得した気分である。

何枚か該当するブラが見つかったので、準備しておいた。
来月持って行ってみよう。

このように捨てるのに悩むようなものがもっとリサイクル活動に普及されるといいのにと思う次第である。

家具・家電類などの粗大ごみは、壊れていなければリサイクルショップに買取して貰うこともできる。
大阪市も、収集した粗大ごみのリサイクル活動を強化して欲しいと思う。

実際に、家具などを再販して、市の財源にしている自体もあるようだ。
大阪市は人口も多いので、例えばメルカリなどを利用して、粗大ごみリサイクル販売に力を入れると良いのではと思った。

参考:大阪市の粗大ごみ回収は?持ち込み・戸別収集・安い回収業者!

債務整理後でも住宅ローンは組める?審査は通らない?

債務整理後で一番組めなくて困ると言われるのが、フラット35などの住宅ローンではないでしょうか。
ローンの支払いを終えている住宅であれば、何の問題もありません。

ただ、債務整理を行う殆どの人は、払いきれていないケースである方が多いのが現実です。
家を手放すことになってしまった、という人は少なくありません。

債務整理の種類で決まるのですが、ブラックリスト扱いされていなければ、同じ所での住宅ローンは組むことはできなくとも、違う金融機関であれば対応してくれる可能性はあります。

ブラックリストに登録されるほどの手続きを行った場合、例えば任意整理や自己破産をしてしまった場合は、5~10年間が経過するまでは審査に通るのは無理だと思ったほうがいいでしょう。

一括払いであれば問題はないのですが、不動産購入でそんなことが出来る人は一握りしかいません。
そもそも法的手続き後に、そんな大きい買い物が出来る余裕はないでしょう。

手続きをしてしまったという場合であれば、住宅ローンはもう諦めたほうが懸命かもしれません。
どうしてもマイホームがほしいという場合は、その後5~7年に預金をして頭金を用意しておいたほうが懸命といえるでしょう。

債務整理後はどうしてもお金に関する信頼は地に落ちてしまうので、現実を受け止めて質素な生活を心がけていくことが大切なのです。

またしっかりとした社会人に戻るための準備期間だと思って、新しい生活に向けてお金を貯めることを考えていってください。

参考:債務整理の道標

債務整理後、何年後から住宅ローンが組める?

債務整理の額の大きさにもよりますが、手続きを行うと、融資を受けることや住宅ローンを組むことができなくなる事故者扱いとなります。
ブラックリストになってしまうと、二度とお金を借りられなくなるのでは、と心配されている方もいるかもしれません。
一般的には債務整理後、5年経てばもう一度融資や住宅ローンを受けることができるようになります。

もっと時効は早くならないのかと思うかもしれませんが、ブラックリストに載ってしまうと早くて5年~7年、長いと10年間ほど使えなくなるのが実状です。
一度借りたお金を返しきれなかったという事実があることで信用を失うことになってしまうのです。

過払い金請求などで全額返すことができれば、それが一度ぐらいであれば、ブラックリストに乗らないこともあるので、少しでも返すのが辛いと感じたら早めの債務整理をすることをおすすめします。

時効がすぎれば、融資を受けることができるとは言いましたが、やはり情報は一度流れてしまっているので、信用が持てないと相手にされないこともあります。
そういったケースはしっかりと預金をためておくことで、信用回復ができることになります。

もう一度融資を受けたいという方は、しっかりとこの期間を受け止めて、住宅ローンのない生活の中で、一から働き直して預金をコツコツと貯める生活を行っていくといいでしょう。
もし、ブラックリストになってしまって一度なくした信用を取り戻そうとするのであれば、もう二度と同じ間違いを繰り返さないようリハビリの期間だと思って債務整理後の生活を送ってください。

住宅ローン中の債務整理は個人再生がおすすめ

最後に、個人再生という仕組みを紹介して終わりにしたいと思います。
個人再生は、その名の通り、問題を抱えた個人を再生させようとする債務整理方法です。
この制度は、2001年から始まった制度ですので、知らない人もいるかも知れません。

ゼロから再スタートをきれる、自己破産と似ている債務整理の方法です。
もちろん、違いはあります。

自己破産との大きな違いは、住宅ローン条項があり、マイホームを手放さなくてもよい可能性が残る点です。
自宅を手放したくない人には、うってつけの債務整理方法と言えます。

住宅ローンの残っている家を残したまま、それ以外の借金を免除できるので、自己破産より画期的で魅力的な制度と思いがちです。
そもそもこの制度の利用には、将来にわたって安定した収入が必須条件です。

これは個人再生の性質によるもので、借金をチャラにするのではなく、減額して3年間のうちに払わせようという仕組みなのです。
その3年間の計画がうまくいった場合には、それ以降の債務を免除しようとするものです。

また5000万円を超える借金がある場合には、このは利用できないという制限もあります。
個人再生の依頼を弁護士にした時点で、債権者からの利息はストップします。
そして、借入の総額が減額されて、3年間の返済計画に組み込まれます。

ただ、自己破産と同様に、債務整理である以上は、ブラックリストに掲載されてしまうので、以後の住宅ローンを組んだり、クレジットカードの発行は困難になってしまうことでしょう。
お金は上手に使っていかなければなりません。

これまで見てきた個人再生は、お金で人生が崩壊してしまうという事実があるからこその、制度であり救済なのです。
人生が危機的な状況にならないように努め、毎日を正しく過ごしていかなければならないのです。

父親が残した借金地獄で母親が死にたいと言った体験談

父親が失踪し、残された家族にその負担が来ました。
父親が勝手に母を保証人にしていたのです。

何にお金を遣ったかというと、女の人と事業の失敗でした。
父は自営で仕事をしており、その付き合いなどで大きな金額を遣っていたそうです。
プラス女性に。

仕方がないので母が借金を返すことになったのですが、父の親戚からは「嫁がしっかりしていないからこんな事になったのだ」と責められ、母の親戚からは「そんな男を選んだお前が悪いんだ」と罵られました。
そしてやっと連絡のとれた父親からは「お前が怖くて言い出せなかった」と言われたのです。
誰も味方はいません。

このまま生きていても借金を返していくだけの地獄のような人生です。
子供である私たちを残していくのは不憫だと思ったといいます。
「ドライブにいこう」と母に誘われました。
車に乗り込み、私と妹は久々のドライブを楽しみます。

母がポツンと「あなたたちは生きていたい?」と聞いてきました。
私は「別になぁ」と答えました。
妹は何かを察したのか「生きていたい、死にたくない」と答えます。

アクセルを踏む力が強くなり、車の速度も速くなります。
「苦労するけどいいの?」という母の声。
妹は「いいよ、かまわない」といいます。

私は(別にそこまで必死に生きなくてもなぁ)と思ってしまいました。
母が泣きながら車を停めます。

「本当は死にたい・・、今心中しようと思っていた」という母の声。

何とか心中を思いとどまらせたのは妹でした。
それから母は借金地獄に強い弁護士さんを探し、返さなくてよい分のお金は返さないことで決着がつきました。
私も妹も母も、心中せずに、まだ生きています。
父親はどうなったのかも知りません。

参考サイト:http://debtdie.webcrow.jp/

病気で借金もあって死にたい

自分は、仕事もたくさんやり結婚もして子供もいました。
子供が生まれるとわかってからはすぐに一戸建ての家を買ったのです。
それから3年の月日が流れたのですが、身体に異変が起きてしまいました。

異変とは病気のことですが、検査の結果、まともに仕事が出来なくなってしまったのです。
保険も入っていなかったので、3ヶ月入院した費用もすぐにしはらうことができませんでした。
そればかりか、仕事ができないので、借金を支払うことも出来なくなりました。

身体も動かず、借金ばかりが膨れ上がっていき、どうにかしたいと一度仕事をしたのですが、すぐに悪化して、またできなくなりました。

それからは自分の奥さんがパートをしてくれたのですが、短く組んだ住宅ローンを支払うことが出来ず、途方にくれていました。

いくらかの援助を親がしてくれたのですが、何も出来ない自分に嫌気がさし、本当に死にたいと思ったのです。
情けない気持ちで一杯になりました。

その頃は、友人に相談したりしていましたが、借金で死にたいとまでは言いませんでした。
切羽詰っていた自分を救ってくれたのは、自分の子供でした。

まだ3歳だったのでそんなに悠長に話すことは出来ませんでしたが、家にいることしかできない自分のそばから離れずにずっと話しかけてくれたのはうれしかったです。

子供がいなければどうなっていたかと考えると、少し怖いです。
病気になると人生が変わりますが、何とかなるかもしれないと思いました。

借金があると死にたい気持ちになる

借金の返済が苦しくて死にたい・・。
まさか自分がそんな風に思うとは思ってもいませんでした。
滞納に滞納を重ねて、毎日の様に電話がかかってきます。
電報まで家に届きました。
税金も払っていないので、税務署の人が家に着たりして、もう面倒くさい。

お金のことはきちんとしなきゃいけないのかもしれないけど、どこにどう返したらいいのかを計算するのは面倒くさくて、放棄したくなる。
もういっそのこと、死んでしまえばチャラにできるんじゃないか。
そんなことまで考えてしまいます。

たかだか300万円くらいの借金です。
月々の最低の支払い金額は、5社で10万円くらいなものです。
それに税金の支払いが加わってきます。
だから、普通に生きていけるけど、働いたお金の多くは、借金の返済に使われてしまいます。

これだと何のために生きているのか分かりません。
働いても働いても、自分の楽しみのためにお金は使えないで、返済に消えて行く。
思った以上にこれはつらい。
だからといって、返済を遅らせると、借りているところから、電話が鳴り響きます。

生きているんだけど、生きていない感じがする。
もういっそのこと死にたい、その方が楽なんじゃないだろうか?
自分が悪いのが分かっているだけに、なおさらつらいです。
借金をなくして、ちゃんと生きたい。
この想いが叶う日はやってくるのだろうか。

借金に追い詰められて死にたい

お金を借りていると本当に難しい場面に直面します。
私は過去の借金で本当に死にたいと思うような苦痛を味わいました。
それは借りたお金が返せないだけではなく、金利によって更に借入が増えていった時のことです。

私は趣味のためにお金を使って生活ができなくなったことが何回かあります。
高い品物を買って計画性もなしに借金をすることもありました。

しかし、その時は自分に甘かったので、本当の恐ろしさを知らなかったと思います。
お金を借りるようになると金融会社から催促の連絡が来るようになります。
最初はあまり催促もされなかった記憶があります。

しかし、支払いを先延ばししていると電話の回数が徐々に増えていきます。
それが最終的には毎日になって精神的な苦痛になりました。

私は電話が来るのが怖くなって良くないことを妄想していました。
家がなくなることや仕事を辞めることを考えていました。
そういったことを考えても実際には借金は減らないのです。

そのため、この悪循環から抜け出せないうちは、何度も死にたいと考えました、。
この悪循環は徹底しているものだと思います。

借入をして返金できないと必然的に別の会社を利用します。
そういったことを続けていると深みにはまるのです。
お金を借りて最も恐ろしいのは追い詰められていく自分の精神だと感じました。

カメラ買取おすすめは?キタムラの評判は?

カメラ買取ならキタムラ?利用方法は?

新しいカメラを買って古い物を使わなくなったり、不要になった品が眠っている家庭は意外と多いものです。
そのまま放置しているケースがほとんどですが、全国チェーン展開をしているキタムラでは使わなくなったカメラの買取を行っています。

もし、不要なものが手元にあれば、キタムラで買取査定をしてもらうのがおすすめです。
カメラは、古本や古着よりもずっと高く買い取って貰える可能性があります。

キタムラでカメラの買取をしてもらうには、2つの方法から選択することが可能です。
ひとつは直接近くの店舗まで製品を持ち込む方法、もうひとつは、ネットを利用して査定に出すことです。
直接持ち込むメリットは、その場で査定価格が分かり、納得したら現金で支払いをして貰えることでしょう。

ネットの場合はパソコンから包装キットを申し込み、その後は本体・レンズ等と必要書類を届いたキットにいれて発送しなければいけません。
査定結果は製品の到着から1週間前後で出るため、少々時間はかかりますが、店舗が近くになくても利用可能というメリットがあります。

もし査定価格に満足がいかなければ、買取を中止しても大丈夫です。
販売にも実績のあるキタムラだからこそ、安心して査定に出すことが出来ますね。

参考:カメラ買取.jp

カメラ買取は専門店のキタムラがおすすめ

年々新機種が発売されているカメラは、最新型の方が性能的に優れているのが一般的です。
そのため、以前買って、現在は使っていないという方が多いのではないでしょうか。

そのまま眠らせておくのはもったいないですから、カメラ店に買い取ってもらうことを、おすすめします。
価値を査定して買い取ってくれるので、良い機種ほど多くの現金を手にすることができます。

買取ショップはいくつもありますが、中でもおすすめなのがキタムラです。
まず長年にわたってカメラを扱っている専門店であるだけに、製品の価値を正しく査定してくれます。

普通のリサイクルショップでは価値がわからずに安く買い叩かれてしまうケースが多いのですが、キタムラならそんなこともなく安心して利用できます。

さらにこちらのお店は全国に店舗を持っているため、買い取った製品もすぐに売れる仕組みが整っています。
在庫として抱え込むリスクが少ないことから、他店よりも高い買取額が期待できるのも魅力です。

買い取ってもらう方法としては、もし近くにキタムラのお店があるならそちらへ持ち込むと良いでしょう。
一方でお店が近くにない場合や、仕事などでお店へ立ち寄る時間がないという方は、宅配便で送る直送買取をおすすめします。
自宅にいながら売却できるのでとても便利です。

キタムラでのカメラ買取の体験談

以前使っていたカメラが家にずっと置いたままになっていました。
状態を久しぶりに見てみると、状態が良くこのまま置いておくのがもったいない気がしました。

しかし最近は、スマホで写真を撮るようになったので、今後は使うことはおそらくないので、カメラの買取をしてもらうことにしました。
カメラの買取をしてもらうのにお店を探すと、家の近くにキタムラがあり、買取を行っていることを知って、キタムラに持って行き買い取ってもらうことにしました。

キタムラに行き、カメラ買取の希望を店員さんに伝えると、身分証明書が必要であることを言われて免許証を出しました。
その後、持って来た機種を店員さんが査定するために持って行き、査定の間にお店の中の新しい製品を眺めていました。

しばらくすると店員さんが査定を終えて戻って来て、査定額の見積書を見せてくれました。
見積書を見て査定価格を見ると自分が想像していたより高い価格が書かれていたのでその金額で了承しました。
査定額に了承したことで、すぐに現金をもらうことが出来て何だか得をした気分になりました。